病気|予防対策|健康

健康・病気の雑学辞典

病気の予防対策や体の健康に役立つかも?

焼き魚やフライ、汁物など様々な料理方法があるは、私たちにとても馴染み深い魚です。皆さんは、どんな鮭料理が好きですか。

 

鮭の中でも好きなルイベ

鮭の中でも好きなルイベルイベは、基本的に鮭のお刺身のことですが、普通のお刺身とは少し違います。冷凍のを解凍しないまま薄く切ってお刺身として食べるんです。シャリシャリとした食感が楽しくもあります。

ルイベは凍ったまま食べても美味しいですが、温かいご飯の上に乗せると、凍っているのがちょっと溶けて、また違った味わいになります。生魚には寄生虫の問題が気になるところですが、ルイベは凍らせてあるので、その心配はありません。衛生面、そして美味しさの面から見ても一石二鳥の食べ方と言えるでしょう。

 

鮭の子供・イクラ丼

鮭の子供・イクラ丼私は、食べることが大好きです。特に秋は、栗やサツマイモなど沢山の美味しいものがあって、食欲の秋を存分に満喫することができます。美味しい食材が多くある中でも、秋鮭を忘れてはいけません!

秋になると、我が家の食卓には頻繁にイクラの醤油漬けが登場します。そのイクラの醤油漬けを熱々のご飯にかけて、イクラ丼にして食べると最高です!生筋子からイクラの醤油漬けを作ると、結構な量になってしまうので、食べきれなかった分はしっかり密封して冷蔵庫に入れておきましょう。イクラの醤油漬けも鮮度のいいうちが美味しいので、できるだけ早めに食べきることをお勧めします。

詳しくはコチラ

, ,

健康な歯を保つには、毎日の歯磨きが大事です。間違った歯磨きは虫歯を作る原因になるので、気をつけましょう。

 

歯には音波アシストブラシ

歯には音波アシストブラシ私は何年か前から、歯磨きの際に音波アシストブラシというものを使っています。歯医者さんに行った時、「もし普通の歯ブラシを使って磨き残しが気になるなら、電動歯ブラシを使ってみるといい」と言われました。

でも、電動歯ブラシというと、大きくて重いイメージがあったので、試しに音波アシストブラシを買ってみました。歯磨きを全部電動歯ブラシに頼るのではなく、自分で手を動かして行う歯磨きを音波振動によって手助けするものです。スリムタイプで軽く握りやすいため、普通の歯ブラシを同じ感覚で持つことができます。普通に手動で磨いたら歯ブラシが届きにくいところも、微振動と極細毛でしっかり磨けてお勧めです。

 

歯ブラシを早めに交換

歯ブラシを早めに交換皆さんが今使っている歯ブラシ、毛先が開いていませんか?毛先が開いたままの状態で使っていると、歯の磨き残しが増えると言われています。

私も使っている電動歯ブラシのヘッドの部分をつい先日交換しました。そうしたら、磨いた後の歯がいつもよりツルツルしていました。交換時期は歯磨きの回数やブラッシング時の力の入れ具合などによっても違ってくると思いますが、毛先が少し開いてきたなと思ったら、早めに交換するようにしましょう。こまめに交換することで、磨き上がりの違いを実感できるはずです。

詳しくはコチラ

, ,

毎年夏休みに入った小学生たちが頭を悩ませるものといえば、自由研究ではないでしょうか。私は、もう遠い昔の話になりつつありますが……。

 

自由研究にうちわ作り

自由研究にうちわ作り小学生時代、夏休みには毎年色々な自由研究をしました。3年生か4年生のときには、確かうちわを作りました。それも、押し花を使ったうちわです。

小さい頃、近所で摘んだ草花を押し花にするのが好きでした。出来上がった押し花をうちわの骨組みにつけて、その上から優しく和紙を貼ります。完成すると、押し花が透けて見えて、とても涼しげです♪慣れると意外と簡単に出来ました。最初のうちは和紙を切るときにギザギザになってしまったりするので、何度か練習してから取り掛かることをお勧めします。中に入れる押し花の種類によって、うちわの印象が変わるので楽しいですよ。

 

 

自由研究に限らず

自由研究に限らず小学中学年から高学年にかけては、自由研究としてミサンガを作ったこともあります。当時ちょうど子供たちの間でミサンガがブームになっていたこともあり、私も作り方の本を買って、ミサンガ作りにチャレンジしました。

その頃は自由研究のために……というだけでなく、暇さえあれば、せっせと作っていました。好みの色の刺繍糸と数種類使って編んでいくのですが、選ぶ色のよって作り手のセンスが問われます。まぁ、私はとにかく自分の好きな色を選んでいましたけど。ミサンガを作ること自体は好きでしたが、出来がイマイチのものが多かったので、自由研究として学校に持参したのは結局一度だけでした。

詳しくはコチラ

, ,

男性ならではの病気などがあるのと同様、女性にも特有の病気や体の不調があります。自分の体に不安を感じている人も、適切な治療を受けたり、セルフケアをして健康な毎日を過ごしたいですね。

 

女性の健康・乱れる周期

女性の健康・乱れる周期女性の健康に関することの一つと言えば、生理が挙げられるでしょう。女性は年頃になると、初潮を迎えます。思春期に入り生理が始まったばかりの頃は、その周期も乱れがちになります。本来毎月来るものが、次の生理が来たのは3ヶ月後だったり、半年後だったり……。

また、前の月は量が多かったのに、次の月は少なめだった……とか。中学生の時などは周りのクラスメイトも、生理不順に悩む子が多かったような気がします。通常は初潮を迎えてから数年経つと、生理周期も整ってきます。

 

女性の健康にはサプリメントを飲む

女性の健康にはサプリメントを飲む男女関係なく、健康維持に役立てようとサプリメントを飲んでいる人もいると思います。女性の健康のためなら、美肌や更年期障害の諸症状に効果が期待できるものなどがあります。

サプリメントは種類が豊富にあって、品質もピンキリです。できれば体に優しい天然成分のサプリメントを選びたいけど、どれを選ぶべきか分からない……そんな時はお店の人に聞いて、“良いもの”を選びましょう。サプリメントを飲む際に注意したいのは、サプリだけで健康が維持できると思わないこと。あくまでもバランスのいい食生活と規則正しい生活習慣を身につけた上での補助アイテムとしてサプリメントを取り入れましょう。

 

詳しくはコチラ

, , ,

夏に向けて、この季節になると次第に畳が恋しくなってきます。畳のひんやりとした感触が気持ちいいですよね。

 

畳で涼む

畳で涼む夏の暑い日、家の中で涼しい場所を求めて和室によく行きます。うちわ片手にの上でゴロゴロしているうちに寝てしまった……なんてことはよくあります。直接床に座ることが好きな私は、床に敷いてあるものが涼しげなものだと大助かりです。

には、吸放湿性があると言われているため、室内を快適な空間に保ってくれます。夏でも、畳敷きの部屋ではエアコンが無くてもある程度気持ちよく過ごせる理由は、こういうことなのかもしれません。また、畳に使われるイグサの香りにはアロマテラピー効果があるので、心身をリラックスさせるのにも役立ちます。

 

畳が消えた……

畳が消えた……これまで、夏のお気に入りの場所だった我が家の和室ですが、ある時仕事から帰ってくると、和室にカーペットが敷かれていました。母に尋ねると「古くなったからカーペットで隠した」との返事が……。

同じ畳を10年以上使い続けていて、もう色褪せて古くなっていたのですが、小さな和室でわざわざ張り替える必要もないと、目隠しをするためにカーペットが登場したというわけです。ちょっと残念ですが、仕方ありません。そのうち張り替えも検討してみようと思います。ふと感じた疑問……この夏、私の家での涼み場所はどこになってしまうのでしょうか(笑)。

詳しくはコチラ

, ,

ペットボトル入りの飲み物を買うよりも、水筒を持ち歩いたほうが経済的ということで、『マイボトル持参』の人気が続いています。皆さんは、どんな水筒を持っていますか。

 

ちょうどいい水筒がない

ちょうどいい水筒がない『マイボトル』を持つ人が増え始めた頃、私も職場に水筒を持参していました。サイズは結構大きめで、ある程度大きいバッグでなければ入りませんし、中に飲み物を入れると当たり前ですが、重くなります。

しはらくの間は持ち歩いていたのですが、重いのと何度か漂白を繰り返しているうちに、水筒の色や模様などが剥がれてきて、最近では持ち歩かなくなってしまいました。バッグにも入れやすいスリムタイプの水筒も色々出ていますが、そういうものは直飲みタイプが多いため、直飲みが苦手な私には向かないと思っています。今は、使いやすい水筒を探し中です。

 

水筒代わりに増える簡易ボトル

水筒代わりに増える簡易ボトル我が家では、少しずつ簡易ボトルが増えています。簡易ボトルというのは、私が勝手に命名しました(笑)。

というのも、魔法瓶でもなく、ふたなどの形から普通の水筒やタンブラーともちょっと違うからです。簡易ボトルは銀行の粗品などでよくもらいますが、魔法瓶と違い、温かい飲み物は温かいまま、冷たい飲み物は冷たいまま……という機能がありません。そうなると、ただのコップ代わりとして使うしかなくて不便なので、あまり使っていません。何か良い使い方があるといいのですが……。

詳しくはコチラ

, ,

子供を持つ親にとって、育児は本当に大変なものです。毎日の大変な育児の中で、経済的に苦しいという人も少なくないと思います。

 

生活保護で恥ずかしい思い

生活保護で恥ずかしい思い病気や障害を持っている人や高齢で働くことが出来なくて、生活保護を受給している人もいるでしょう。その他にも、小さな子供を抱えながらもなんとか働いてはいるけれど、満足な収入を得られずに困っているシングルマザーにとっても、暮らしを維持するための選択肢の一つが生活保護です。

でも、やっぱり毎日の暮らしを続けていくための収入も自力で得ることが出来なくて、生活保護に頼ることに恥ずかしさを覚える人が多いことも事実です。親の恥ずかしさだけで、子供に辛い思いをさせないようにしなくてはいけませんね

 

生活保護が利用されない理由

生活保護が利用されない理由「子供のためなのはわかっていても、受給することが恥ずかしい」そんな思いから、生活保護はシングルマザーにあまり利用されないのでしょう。一方で、児童扶養手当は多くのシングルマザーに利用されているという調査結果が出ています。

児童扶養手当をもらっていても、生活保護基準以下の収入しかないけど、生活保護は受けたくないシングルマザーは多いそうです。生活保護を受けると多くの場合、車を手放さなければなりませんし、他にもいろいろな制約が出てきます。収入も生活保護基準以上を得ることを求められます。なぜなら、生活保護を受け始めた時から、受けなくても済むように自立を目指さなければならないからです。

詳しくはコチラ

, ,

摂食障害に悩む人は、年々増えているといいます。摂食障害は精神疾患の一つですが、食べることに対する問題を抱えてしまうため、身体にも様々な症状が出てきます。

 

無理なダイエットはダメ!摂食障害になるかも!

無理なダイエットはダメ!摂食障害になるかも!10~20代の比較的若い女性によく見られる摂食障害ですが、特に無理なダイエットを続けた結果、摂食障害になってしまうケースも少なくありません。今、ファッションモデルの痩せすぎも世界的な問題になっているように、無理なダイエットをしている若い女性が多くいます。

でも、そのダイエットが摂食障害の原因になることも……。無理なダイエットは身体に負担をかけてしまうだけでなく、精神的にも大きなストレスになります。何日も食事を抜いたりするような辛いダイエットは、摂食障害を予防するためにも止めましょう。

 

摂食障害予防には夢中になれることを見つける

摂食障害予防には夢中になれることを見つける摂食障害を予防するには、何か夢中になれることや好きなことを見つけることも大切です。私たちは日常的に様々なストレスに晒されていますが、そのストレスを上手に解消することが心の健康に繋がります。

運動や読書、友達とのおしゃべりなど何か楽しんで行えることを見つけましょう。何か趣味を見つけることで、ダイエットへの過剰な関心も薄れると思うので、一石二鳥です。また、気分転換のために天気のいい日には、できるだけ外に出ることをお勧めします。家の近所を散歩するだけでも、ストレス解消になりますよ。

 

詳しくはコチラ

, ,

日頃から運動不足と感じている人も多いのではないでしょうか。食生活に気をつけるほか、毎日適度な運動をすることも大切です。

 

体脂肪で隠れ肥満に注意!

体脂肪で隠れ肥満に注意!体脂肪の値は痩せている人は低く、太っている人が高いわけではありません。体型の目安になるのは、主に体重です。もちろん、身長とのバランスにもよりますが……。

本当の肥満度は体重そのものではなく、体脂肪率によって決まります。体重に占める脂肪の割合が体脂肪率となります。なので、たとえ標準的な体重でも、体脂肪率が高いと『隠れ肥満』ということになってしまいます。ちなみに、体脂肪率の適正範囲は男性が10~19%、女性が20~29%程度と言われていて、その数値を超えてしまうと『肥満』とされます。

 

体脂肪で隠れ肥満に注意!

体脂肪で隠れ肥満に注意!体脂肪の値が高めだから、食生活に注意しているのに全然改善されない……そんな人もいるかもしれません。周囲からウォーキングやジョギングがいいと勧められても、日頃から運動する習慣のない人にとって、毎日続けるのは大変なことです。

最初のうちは、運動らしい運動をしなくても大丈夫!最近では、運動初心者にもぴったりのスローピングやアクアサイズなども注目されています。スローピングは坂道や階段を上る運動で、アクアサイズはプールで行う運動です。これらも立派な有酸素運動なので、体脂肪燃焼のために試してみましょう。軽い有酸素運動でも毎日続けることで、効果が得られるようになります。

詳しくはコチラ

, ,

世の中には、たくさんの都市伝説があります。多くの人に親しまれているアニメにも、都市伝説が存在するんです。

 

サザエさんの都市伝説

サザエさんの都市伝説都市伝説で有名なのが幅広い世代の人に愛されている国民的アニメ『サザエさん』。子供の頃から好きで、大人になった今も見ているという人もいるのではないでしょうか。あくまでも想像の域を出ないとはいえ、この『サザエさん』にもいくつかの都市伝説が存在します。その中の一つが、最終回があるというものです。

カツオが商店街の福引で1等を当てたことで、ハワイ旅行に行くことになったサザエさん一家。でも、乗客を乗せた飛行機が海に落ち、サザエさんは貝のさざえに、カツオは魚の鰹に、ワカメは海草のワカメに……というようにそれぞれ姿を変えて、そのまま海へ帰っていくという話です。

 

ドラえもんの都市伝説

ドラえもんの都市伝説『サザエさん』同様に、国民的アニメと言われているのが『ドラえもん』ですよね。『ドラえもん』にも最終回に関する都市伝説あるとされています。もちろん都市伝説なので、作者が最終回として書いたエピソードとは違います。

その都市伝説は、1986年頃に子供たちの間で流行っていたもので、「交通事故で植物状態になったのび太の夢に登場する架空の存在が、実はドラえもんだった」という内容です。『ドラえもん』も、何だか悲しいエンディングですね。人気のアニメなどは、楽しい雰囲気と逆のことを言われる都市伝説が多いようです。

 

 

詳しくはコチラ

, ,

Previous Posts